イベント

産業メッセ

9月3日(木)4日(金)と神戸国際展示場で産業メッセが開催されました。

和田金型工業は、KAN(神戸エアロネットワーク)として、出展。

コロナの影響で、例年より人は少なかったですが、高校とzoomを使って質疑応答や製品紹介をしたり、別の高校とは、インタビュー形式で質問に答えたりと、二日間高校生対応でした。

この産業メッセでKANとして、SLTさんと関係強化を図り空飛ぶ車の試作開発に協力していくことになりました。その調印式の様子が読売新聞に取り上げられた。

まだまだこれからですが、新しい取り組みの中で和田金型工業がどう貢献して行けるのか、そしてそこから、技術を更に磨いていけるのか。楽しみです!

読売新聞

読売新聞

9月3日・4日の産業メッセ

コロナ禍で「人の流れ」「モノの流れ」が変わってきました。

そんな環境下ですが、「国際フロンティア産業メッセ2020」が9月3日(木)4日(金)に神戸国際展示場で開催されます。

これに、KAN(神戸エアロネットワーク)の一員として出展します。

と言っても、航空機部品での出展物は無いのですが、学生向けに金型を説明するために持ち運べる金型が有った方が良いだろう。という社内改善活動の中で作成した金型を展示します。

中身の構造が分かるようにアクリルで作成したので思った以上にキレイです。

今回は、コロナ禍の影響で入場制限もあるため、事前登録が必要となりますが、高校生が授業の一環として来場するのも聞いているので、しっかりとブースに来た方へは対応したいと思います。

アクリル製金型

アクリル製金型

金型を開いたところです

金型を開いたところです

神戸新聞朝刊に載りました

弊社の事というわけではないですが、弊社が所属しているKAN(神戸エアロネットワーク)の事に関して、取材を受けた事が掲載されました。

DOC200612-20200612161535

記事内の画像は
クリックすると拡大表示されます